トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

発表会の講師演奏で上手く弾けたことがありません

  • 発表会の講師演奏で上手く弾けたことがありません。
    そのため最後の挨拶もしどろもどろになってしまいます。
    何か良い方法がありましたらアドヴァイスお願いします。

講師演奏は、生徒さん方の親御さんも聴いていますので、少しプレッシャーに感じて緊張するかもしれません。 また、複数の先生と合同で発表会を開催する場合、「あちらの先生の方が上手」と思われるのではないかと、考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、人前でピアノを弾くのは、コンサートやオーディション、試験なども同じです。普段通りに、気負わずに弾いてみましょう。

講師演奏は、生徒さんの演奏が終わった後に弾く事が多いと思いますが、生徒さんが高校生や大学生などの場合、とてもパワフルに弾かれることもあるかと思います。 そのような場合、その後の講師演奏が「圧倒的な差」に聴こえにくい場合もありますので、あえてバロック期の作品を弾くとか、フランスの作曲家の柔らかい 雰囲気の音楽を弾くなど、選曲も工夫されるとよいでしょう。

また、音楽大学の卒業試験で弾くような、難しい曲を選択する必要は無いかもしれません。 例えば、近現代の作品やロシアの作曲家の作品などは、「難しそうで、なんだかよくわからない曲」と思われてしまう場合もあり、 親御さんにそれほど喜ばれないことがあります。 かえって、リストの「愛の夢 第3番」など、難しくなくて大定番の作品を弾いた方が喜ばれるかもしれません。

最後の挨拶については、前の日に話す内容をしっかりとまとめておきましょう。

講師演奏よりも、最後の挨拶の方が緊張するかもしれませんので、その場の思いつきで話すことは、なかなか難しいと思います。 原稿を書いておいてもよいと思いますし、講師演奏とセットにして練習をしておくのもよいでしょう。

頑張って下さいね。
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.