トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

先生からたびたび拍子の注意。リズム練習ができる教材は?

  • 大人のピアノ教室に月2回通っています。先生からたびたび拍子の注意を受けます。
    今、弾いている曲はリストの愛の夢なのですが、この曲を弾けるのにどうして・・みたいなことを言われます。
    リズム練習?ができる教材はありませんでしょうか?
    先生にお聞きしても、自分で選んでくださいと言われ、困っています。
    宜しくお願いします。

拍子について、具体的にどのような注意を受けているのかがわかりませんので、お答えしにくいのですが、 一般的には、音楽を聴くと真似して正しく演奏ができても、 お手本なしで楽譜を読み取っただけでは拍子に合わせて正しいリズムで弾くことがなかなかできないというのは、 よく見受けられるように思います。

そのような場合には、色々な拍子やリズムの曲を数多く弾いて、慣れていくことが大切です。

例えば、「チェルニー 125のパッセージ練習曲」は、バイエル終了くらいからチェルニー40番練習曲くらいの難易度なので、 少しゆとりを持って使い始められると思いますし、長さも手頃なので使いやすいと思います。

ツェルニー 125のパッセージ練習曲

全音楽譜出版社

他にも、「チェルニー8小節の練習曲」は、タイトル通り8小節という短い長さが魅力的で、160曲入っていますので、 曲数をこなすという意味では便利です。

ツェルニー8小節の練習曲

全音楽譜出版社

「チェルニー毎日の練習」も、半ページから見開き1ページくらいの長さなので、わりと手頃な長さだとは思います。

ツェルニー 毎日の練習曲

全音楽譜出版社

「チェルニー8小節の練習曲」と「チェルニー毎日の練習」は、テクニック的には、かなり難しいものも入っていますので、 ご自分にあった難易度の練習曲を選ばれるとよいでしょう。

このページの内容に関連するページ:
ピアニスト達の系譜について (チェルニーについて)

[ ご返信を頂きましたので掲載いたします ]
リズム練習の教材で質問した者です。早速のお返事ありがとうございました。
私はCDを聴いて演奏をしてしまいがちで、楽譜も読み取っただけというまさに先生のおっしゃるとおりです。
チェルニーの8小説の〜はかなり参考になりました。
こちらのサイトはピアノの教科書のように利用しております。
ちょくちょく更新されているのも、魅力的です。
また利用させてください。
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.