トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

左手が単音のリズム刻み。右手のメロディが切れる

  • 私も、上記のことで悩んでいます。
    こちらに書いておられることも実行しています。

    左手が単音のリズム刻みでない場合は、右のメロディも切れません。
    例えば、トンプソンの「カッコーさん」など、もっと難しいはずですが、上手にスラーで弾けます。
    思うに、左手がずっと同音連打なのが、読譜は楽ですが弾くことが難しいのではないでしょうか?

    その理由で他のテキストに替えようかと思ったりもします。
    もしかしたら、左が同音連打の間は右のメロディは切れていても、どんどん進めるうちに、できるようになるからよい、という前提なのでしょうか?
    ぜひ、呉先生にお聞きしたいと思いましたがコンタクトを取る方法が分からず、検索してこちらに辿り着きました。

    こちらの先生のお考えをお聞かせください。
    また、呉先生に質問したい時はどちらに問い合わせれば可能なのか、ご存じでしたら教えて戴けますか?

このご質問は、左手のリズムにつられてしまい、右手のメロディーがつながらないのページから頂きました。

残念ながら呉先生のコンタクト先は存じでおりませんが、この問題に悩まれる方は、時々いらっしゃいます。

左手が単音のリズム刻みでも、あまり悩まないで、すんなり右手はつられずに弾ける方がいる一方で、 何度練習されても、繋がらない方もおられます。

基本的には、この弾き方も必要な技術ですので、どこかでマスターする必要があるものですが、 しかし、この部分が何度練習しても弾けないために、教材が進まないという場合には、1,2小節だけでも弾けたらOKとして、教材を先に進めてもよいのではないかと思います。

このページの内容に関連するページ:
左手のリズムにつられてしまい、右手のメロディーがつながらない
自分の子供にピアノを教える場合、気をつける点
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.