トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

発表会の選曲。バイエル終了程度の子どもが英雄ポロネーズ

  • ピアノ発表会の選曲について質問致します。

    今まで他のピアノ教室の発表会を聴きに行ったことがなかったのですが、昨年、小学生の娘の友だちが習っている教室の発表会に2カ所ほど出かけました。

    それぞれ子供たちはみんな一生懸命弾いておられて良かったのですが、選曲にどうしても「?」疑問が残りました。

    バイエル終了程度の子どもが英雄ポロネーズ(簡略版)を弾いていたり、子犬のワルツがとてもゆっくりしたスピードだったりと、 娘の教室の発表会ではとても考えられない選曲でした。

    もちろん、その先生のお考えがあっての内容だとは思いますが、聴いててとても違和感を覚えました。

    発表会の選曲とはどのようにして決めるものなのでしょうか?

お気持ちはよくわかりますが、発表会の選曲は、先生の指導方針以外に、生徒さんや親御さんの意向という場合もあります。

例えば、流行っているポピュラー音楽やアニメの主題歌などは、生徒さんの意向で選曲されたものが多いと思います。

先生の指導方針としては、曲の完成度を重視する選曲方法もありますが、どこまで難しい曲にチャレンジして 頑張って練習したかということを重視される先生もおられると思います。

もし、出場された生徒さんの多くが、そのような曲の選曲であれば、先生の指導方針である可能性が高いと思いますし、 一部の生徒さんのみが異なった選曲であれば、生徒さんや親御さんのご意向なのかもしれません。

全般的には、お子様の発表会の場合、生徒さんや親御さんのご意向でも、発表会までにある程度の完成度まで高めることが難しいと思われる場合は、 その曲は来年以降に持ち越すなどして、発表会で演奏する曲は、その曲のもっているイメージ(例えば、「子犬のワルツ」であれば、観客の方が期待する 「子犬のワルツ」のイメージ)に近いところまでは完成度が高められる曲を選ぶことの方が多いように思います。

ただ、稀ではありますが、本来ある程度の完成度まで仕上げることができるはずが、生徒さんの練習が間に合わずに、 結果的に選曲に違和感を感じる演奏になってしまうこともあります。

このページの内容に関連するページ:
お子様のピアノ発表会まとめ
2012 ご家族全員でお子様の発表会の曲目選び (ブログ)
2011 お子様のピアノ発表会の曲選び (ブログ)
2010 お子様のピアノ発表会の曲選び (ブログ)
コンクール。課題曲の選曲で入賞に有利・不利がありますか?
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.