トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

姪っ子にピアノを教えていますが、何を言っても反抗してしまいます

  • 姪っ子(小5)にピアノを教えていますが、何を言っても反抗してしまいます!または、居眠りをしてしまい、 レッスンが困難な日々が続いています。教える方法がわからなくなってきました。

このご質問は、自分の子供にピアノを教える場合、気をつける点のページから頂きました。

ピアノを教えるためには、指導する方の演奏技術だけではなく、わかりやすく物事を伝える技術や、生徒さんの理解度の把握、 問題点の早期発見やその対処、効果的な練習方法の提示など、さまざまな指導技術を必要とするものですが、 何より生徒さんとの信頼関係を築く事が、とても大切になります。

ただ、親子や親戚などの関係でピアノを教えることは、信頼関係が築きやすい反面、お互いに精神的な距離が近すぎるために、かえって難しい事も多いようです。 生徒さん側の甘えも出てきますし、指導する側から見ますと、いつもよりも厳しい視点で見てしまい、冷静さを失ってしまいがちです。 このような難しさがあるためか、あえてご自分のお子様にはレッスンをせず、他の先生にお願いする先生やピアニストも少なくないようです。

また、姪っ子さんの年齢を考えますと、少し難しい時期に差し掛かっている気もします。

このまま継続されるよりも、お互いの距離を取るために、少しレッスンをお休みにするのも一つのやり方だと思いますし、 それでも改善が見られないようでしたら、他の先生やピアノ教室にお願いすることも必要かもしれませんね。

このページの内容に関連するページ:
自分の子供にピアノを教える場合、気をつける点
ワタシが耐えかねるので辞めさせたくて仕方ありません
子供のためのピアノ教育 [教材]
本人にピアノの素質があるのか、どこで見出したらいいのでしょうか
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.