トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ピアノを弾くとき、頭の中でメロディーをドレミで歌いながら弾いています

  • 私はピアノを弾くとき、頭の中でメロディーをドレミで歌いながら弾いています。

    「エリーゼのために」であれば、「ミレミレミシレドラー、ドミラシー」というふうにです。

    ただ、このやり方だと、次のようなデメリットがあると最近感じています。

    ・メロディー以外への意識が希薄になりやすい。
    ・暗譜時に臨時記号を落とす場合がある。

    ピアニストの方がピアノを弾いているときの頭の中は、どうなっているのでしょうか?

ピアニストご本人に聞いたことがないので、なんともお答えが難しいのですが、 メロディーを大切に弾きたいときには、メロディーを歌いながら弾く事は、ひとつのやり方だと思います。

しかし音楽は、メロディーだけではなく、伴奏やハーモニーも大切ですし、曲想や注意する所を意識することも必要かもしれません。

また、曲のつくりや、全体のイメージにも目を向けていきたいので、いろいろなことを考えて弾く事になりますので、なかなか大変です。

人それぞれのやり方があると思いますし、曲によっても異なってくると思います。

個人的には、ひたすら曲のイメージを考えながら弾く曲もあれば、楽譜を見て弾いているかのような感覚で弾く曲もありますし、 鍵盤を見ないで弾いたほうが調子よく弾ける曲もあれば、指を見ながら弾いたほうが上手に弾ける曲もあります。

ご自分なりの、上手に弾けるコツが見つかるといいですね。

このページの内容に関連するページ:
ワンポイント・レッスン: どこを見てピアノを弾きますか?
ピアノの発表会で緊張しない方法は?
手元を見ないで弾く訓練をするべきなのでしょうか?
音符としてではなく、手の形、置き方で覚えているような気がします
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.