トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ドビュッシーの夢、出だし左手のB音は全音符、4小節目からは8分音符

  • ドビュッシーの夢
    出だし左手のB音は全音符であるのに対し、4小節目からは8分音符となっています。

    全音符の場合は、ずっと押さえままで、8分音符の場合は、すぐに離すのでしょうか?

    ペダルを踏んでいるので、押さえたままでも離しても、聞こえる音としては変わらないような気がするのですが、なぜこのように書き分けられているのでしょうか?

    また、この曲は、他の場所でも、全音符や2分音符が出てきますが(例えば9小節目右手)、やはり押さえたままの方がよいのでしょうか?(押さえたままだと、弾くのが大変です)


確かに、そのようにも思えますよね。

オーケストラで演奏しているように、異なる楽器が、たまたま同じ音をずっと伸ばす演奏をしていると理解してみてはいかがでしょうか。

音が伸びている場合と、その音がない場合では、ニュアンスが随分と異なるかと思います。

他のパートがずっと音を出し続けているという意識をもって、演奏してみましょう。

弾き方を工夫したり、ペダルを上手に活用することで、実際に指で伸ばさなくても同じような効果が得られますので、研究してみてくださいね。

このページの内容に関連するページ:
ピアノのしらべ:ドビュッシー作曲「夢」
ドビュッシーの楽譜「夢」
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2020, con Vivace. All rights reserved.