トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

♯と♭が同時についている場合、どう弾けばいいのですか?

  • ♯と♭が同時についている場合、どう弾けばいいのですか?

このご質問は、シャープやフラットの臨時記号の読み方は? のページから頂きました。

恐れ入りますが、この「♯(シャープ)と♭(フラット)が同時に付く」とは具体的にどのような状況なのかご連絡いただけると助かります。

例えば、同じ1つの音に対して、シャープとフラットが臨時記号で同時に付くことはありません。 また、調号でも、シャープとフラットが同時に付く調号はありません。

和音ですと、和音についているシャープの弾き方は? に掲載しておりますように、 それぞれの音にシャープやフラットが付くことがありますが、この場合には、指定されたそれぞれの音にシャープやフラットを付けて弾くことになります。

シャープやフラットの弾き方につきましては、まとめ: 黒鍵、シャープ(#)、フラット(♭)、ナチュラル、調号、臨時記号、長調、短調 のページにまとめておりますので、合わせてご参照ください。

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.