トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

調号の上にさらに臨時記号のあるダブルシャープまたはダブルフラット

  • 間違えないように書かれている親切臨時記号と、調号の上にさらに臨時記号のあるダブルシャープ(またはダブルフラット)との見分け方を教えてください。

このご質問は、高いドに#が付く場合、低いドも#の記号で弾きますか? のページから頂きました。

おそらく勘違いされておられると思いますが、調号でシャープが付いていて、同じ音に臨時記号でシャープが付いている場合、 2重にシャープが付いているので、ダブルシャープになると思われているのではないでしょうか。

ダブルシャープで弾く場合には、ダブルシャープの記号()が書かれます。 調号と臨時記号を合わせてダブルシャープとはなりませんのでご注意ください。

調号と同じ音に臨時記号でシャープが書かれている場合には、わかりやすいように親切で書かれている臨時記号です。 または、同じ小節で、同じ音にナチュラルが付いた音が前にあるため、それを打ち消すために臨時記号でシャープが付いている場合もあります。

いずれにしましても、その音は、シャープを付けて弾くことになります。ダブルシャープではありません。

フラットの場合も同様です。

このページの内容に関連するページ:
まとめ: 黒鍵、シャープ(#)、フラット(♭)、ナチュラル、調号、臨時記号、長調、短調
シャープ、フラット、ダブルシャープ、ダブルフラットの鍵盤の場所
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.