トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

「バスティン幼児のための〜B」から「トンプソン1」

  • 始めまして。
    シングルファーザーです。
    ピアノは習った事がありません。

    五歳の娘についてご相談させて頂きたくメール致しました。
    習い始めて一年になんますが、弾いている楽譜は「バスティン幼児のための〜B」、「バーナム/オレンジ色」の二冊をしています。

    そこで、バスティンが終わったので、渡されたのが「トンプソン1」というオレンジ色の楽譜です。

    進度としてあっているのでしょうか?
    私も楽譜屋で見て見たのですが、バスティンは次にベーシック1というのがあるそうです。
    これに進まなくて大丈夫なのでしょうか?

    また、トンプソンは五歳の娘に弾けるでしょうか?
    よろしくお願い致します。

教材選びは、教える先生の指導方針にもよりますし、生徒さんのレッスンの進み具合や得意・不得意、合う・合わないなどを判断して変えることがあります。

そのため、必ずしも同じシリーズの教材を使い続けるとは限りませんし、同じシリーズの教材で進めないと上達しないというわけでもありません。

今回、トンプソンに変えたのも、お子様には、トンプソンが最適と先生が判断されたことになります。

もし、それでも心配でしたら、一度先生に、教材を変えた理由を伺ってもよいかと思います。

このページの内容に関連するページ:
年中(4才)女の子と年長くん(習い始めて1年)の次の教材は?
子供のためのお薦めのピアノ教材
5歳。バスティン、バーナムピアノテクニック(ミニブック) と併用する教材
バスティンのピアノベーシックスレベル1やバーナムの導入書はどうか?
音楽之友社「ピアノのおけいこ」の次の教材は?
自分の子供にピアノを教える場合、気をつける点
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.