トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

チューリップのラインダンス、エリーゼのために、バウムクーヘン、人形の夢と目覚め、どれが一番難しい?

  • チューリップのラインダンスと、エリーゼのためにと、バウムクーヘンと、人形の夢と目覚めは、どれが一番難しいでしょうか?
    また、難しい順に並べていただきたいです。

これらの曲の比較では、どの曲が飛びぬけて難しいということはありませんが、曲それぞれに難しさがあり、弾く方の得意・不得意によって、感じ方も違ってくるでしょう。

例えば、「チューリップのラインダンス」は、テンポが速く、和音が少し特徴的(普段よく聞く和音ではない)なため、和音の響きに慣れるのに時間がかかることがあり、同様に譜読みに時間がかかる方もいます。

「エリーゼのために」は、曲が長く同じフレーズが何度も出てきて紛らわしいため、暗譜に時間がかかることもあります。 また、いろいろなテクニックが要求され、音楽的に内容が深いので、高度な表現力も必要になります。

「バウムクーヘン」は、曲の最後の部分で、結構手を広げて弾く和音が連続して出てきますので、手の小さい方は届かないかもしれません。

「人形の夢と目覚め」は、最初の部分のテンポがゆっくりで、上手に弾きませんと単調な感じになってしまいます。逆に後半は、テンポが速くなります。

発表会などで弾く場合には、それぞれの曲の特徴を理解し、ご本人の得意・不得意も考慮して曲を選ぶようにしましょう。

このページの内容に関連するページ:
「エリーゼのために」と「お人形の夢と目覚め」ではどちらが難しい?
「エリーゼのために」と同程度で、発表会で人気の曲は?
小5。今年の発表会は貴婦人の乗馬。来年エリーゼのためには無理?
ピアノ暦2年の小4。「お人形の夢と目覚め」より難しい曲
お人形の夢と目覚め、重音の7度が届きません。アレンジは可能?
お子様のピアノ発表会まとめ特集(曲選び、服装、意義、練習、緊張の克服)
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.