トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

指揮者がrit.をつけてくれなくてピアノと指揮がずれてしまいます

  • 指揮者がrit.をつけてくれなくてピアノと指揮がずれてしまいます。どうすればゆっくりにする所やテンポがあうのでしょうか。

このご質問は、優秀伴奏者賞を目指すためにピアノよりも指揮者を見て伴奏のページから頂きました。

他の方と一緒に演奏する場合に、ゆっくりにするなど速度が変化する所は、特に合わせにくいですね。

「指揮者がrit.をつけてくれない」との事ですが、これがどのような状況なのか、もう一度よく観察してみる必要があると思います。

単純に記号を忘れている事もあると思いますし、実はritをしているのに、僅かにしか速度が変わっていないために、変化がよくわからなかったという事も考えられます。

どちらにしても、指揮者と楽譜を見ながら、ritをしていく箇所を一緒に確認して、どのくらいゆっくりにしていくのか、練習を重ねていくとよいでしょう。

「ちょっとゆっくりにしてね」という言葉だけでは、人それぞれのテンポ感がありますので、ぴったりと速度が合うことはないと思います。

何回も一緒に練習することで、テンポの歩み寄りができ、ちょうどよいテンポに収まってくると思います。

頑張ってくださいね。

このページの内容に関連するページ:
優秀伴奏者賞を目指すためにピアノよりも指揮者を見て伴奏
指揮者を見ながらピアノを弾くコツ
合唱コンクールの伴奏で何故かいつも間違えてしまいます
合唱コンクールで今年はなんとしても伴奏賞を取りたいんです
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.