トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

クレメンティのソナチネnp36-4第二主題のところ右手と左手で調が違う?

  • いつも参考にさせていただいています。
    調についての質問です。

    ピアノの右手と左手で調が違うということはないと聞きました。

    クレメンティのソナチネnp36-4第二主題のところ、たとえば19小節めですが、右手はナチュラルのファですが、 左手は♯ファ、シの♭が外れているので、右手がハ長調、左手がト長調のような感じがします。

    実際、応答しているような部分なので、音色のちがいを表現したいところなのですが、調が違うという捉え方は間違いなのでしょうか。

この部分は、1小節前からハ長調に転調していますね。

左手のファにシャープが付いてはいるので、ハ長調の音ではないのですが、前後の音が同じソの音なので、ト長調に転調したとは言えず、 ソに装飾的に付けられた音と捉えた方が適切かと思います。

もちろん、和音の変化などは、敏感に感じながら演奏していきたいですね。

このページの内容に関連するページ:
ピアノのしらべ:クレメンティ作曲ソナチネOp.36-1第1楽章
クレメンティのソナチネ Op.36,No.3 のレベルは?
クレメンティ作のソナチネ36−3をうまく弾けません・・・
まとめ: 黒鍵、シャープ(#)、フラット(♭)、ナチュラル、調号、臨時記号、長調、短調
何長か何短調かをわかるにはどうすればいいのですか?
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.