トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ミとファ、シとドの半音にシャープやフラットがつくときの説明

  • ミとファ、シとドの半音にシャープやフラットがつくときの説明について、的確な返答ができずこまっています。

    例えば、ドのフラットの場合「なぜ、シと書かないのですか?」と、聞かれたり、ミのシャープの場合「ファ、ではダメなんですか?」など…。

    特に、趣味で始めた大人の方に多いのですが、よい説明の方法を教えていただきたく、宜しくお願いします。

私も同様の質問を何回か受けたことがあり、ドキッとしたことがあります。 ピアノを専門的に勉強してきた方は、むしろあまり疑問に思わない事かもしれませんね。

なかなか難しいのですが、元々は異なる音であり、声楽や弦楽器など直接音を出す楽器では、使い分けている事や、 大昔には、例えばドのフラットとシの音を弾き分けるために、それぞれの音が出せる鍵盤楽器があったこと、しかし、あまりに複雑すぎて演奏不可能となり、 やがて使われなくなった事などを説明しています。

以前、どこかの楽器博物館で見たことがあるので、少し探して写真などを見つけられると、より説明がしやすいかもしれません。

なお、例えば、「ドのフラットの音」を「シの音」と勝手に読み替えてしまいますと、弾いていくうちに「この曲はシに調号でフラットが付いているから、 シにはフラットを付けないと」などと余計なことを考えてしまい、違う音になってしまいますので、あくまでも、「ドのフラット」のように、元の音で認識しながら弾くようにしましょう。

このページの内容に関連するページ:
まとめ: 黒鍵、シャープ(#)、フラット(♭)、ナチュラル、調号、臨時記号、長調、短調
シャープ、フラット、ダブルシャープ、ダブルフラットの鍵盤の場所
和音についているシャープの弾き方は?
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.