トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

小5。小柄な娘。音が小さく、ホールに響きません

  • 小5。小柄な娘。ピアノ歴5年で、ツェルニー40番半ばです。
    音が小さく、ホールに響きません。コンクールなどでも会場によっては、評価が、割れます。よく響くホールや、小さな会場では、高評価ですが、 会場によっては迫力が無く、音の幅も感じられず、素人の私が聞いても物足りない感じです。
    優しい音、綺麗な音、芸術的?と評されることと裏腹に、無理に大きく弾こうとすると、乱暴な音に感じます。

小柄な女の子の場合、この悩みをかかえている方は多いかもしれません。

発表会やコンクールでも小学校高学年になりますと、しっかりとした体格の男の子は、かなり大きな音を出すことができますので、演奏に迫力がでてきます。 それに比べると表現の幅が小さいように感じ、無理に大きな音を出そうとしても、綺麗な音にはならないため悩むことになります。

まだお子様の体ができていない状態では、成長を見守るしかない部分もありますが、発表会やコンクールなどでは、その会場に合わせた曲の選曲でカバーすることも重要になります。

コンクールによって課題曲の種類や曲数が異なりますが、ホールの大きさや響きなどを考えて、「迫力」だけの勝負とならないように、そして、 お子様の持っている「優しい音」や芸術的な綺麗な音がアピールできるような曲を、先生と一緒に選んでいくとよいと思います。

それと共に、お子様の持ち味を更に伸ばす練習を積んで、今よりもっと美しい音が出せるようになるといいですね。

このページの内容に関連するページ:
フォルテが強く弾けず、表現に幅が出ないのですが...
ピアノをなめらかに、静かに弾くにはどういう風に弾いたらいい?
どんな練習をすれば、よく響くつやのあるいい音が出るのでしょうか
pp(ピアニッシモ)の際に弱く弾こうとして鍵盤に深く指が入らず
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.