トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

関節がぐらつきやすい。テンポをあげると指の形が崩れて音が揃いません

  • 来週末、娘のピアノの発表会です。

    関節がぐらつきやすいタイプでレッスン開始のころから大変でした。しかし、本人が音楽が大好きということで、なんとか、まむし指の矯正にとりくんできました。

    2年たって、少しは、指がおどることも減りましたが、仕上げの段階で、テンポをあげて弾くと、指の形が崩れて(とくに第一関節がぺこっとへこむ)、音がそろいません。

    もう間に合わないと思い、本人はピアノの前でないています。なぐさめる言葉もありません。

    あと一週間、何かできることはありませんか?

まず、発表会直前ですので、今の段階で弾き方を直すことは、得策ではありません。 音が揃わない問題については、発表会までの課題とせずに、もう少し先の目標にするべきだと思います。

そして、発表会については、音の粒を揃える事よりも音楽全体を通して何を表現したいのか、何を伝えたいのかという事に意識を向けさせて、 ご本人が自信を持って臨めるように、応援していただければと思います。

発表会によって、お子様が「努力してもダメだった」と思ってしまうことがないように、練習で弾けるようになったり、上手になった点を再確認し、 親御さんがお子様の一番の理解者であり、一番応援していることを伝えるようにしましょう。

このページの内容に関連するページ:
4の指が弱くて、1つ1つの音のつぶが揃いません
音の出し方やテンポなどによって指先の使い方に違いは?
人差し指の爪が鍵盤に当たってしまいます。練習で指先を厚くできる?
指が9度しか開きません
指が短く、オクターブの音がやっとです
手の形。指が伸び切って鍵盤をたたいて弾いてしまいます
早く弾くことができず手首(特に小指)が痛くなります
[ ご返信を頂きましたので掲載いたします ]

先生のアドバイスどおり、本人が自信をもってひけるように、サポートをこころがけました。こちらに相談させていただいたことで、気持ちが切り替わったように思います。ありがとうございました。

音楽を聞きにきてくれている人たちに、気持ちを伝えるには、今何ができるか、一緒に話あいました。 技術面では 理想は理想としておいておいて、曲としておかしくないところまで、テンポをギリギリまでさげていき、メリハリをつけるようにして、しあげていきました。

すると、今日は、一番よい演奏をしてくれたように思います。

不器用でもいいんですね。目標にむかってがんばることを学べてよかったです。

そして、指のことは、これから長く音楽を続けていけるよう、いそがず、あせらず、トレーニングを続けていくことにします。

泣いたり、笑ったり、忙しい一週間でしたが、よい思い出になると思います。本当に、ありがとうございました。
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.