トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

音符や休符の長さをキープ出来ません。だんだん速くなるクセもあります

  • 保育士になるためにピアノを始め、保育士になってからもピアノを続け数年が経ちましたが、楽譜の音符や休符の長さをキープ出来ません。

    音符だと長さが足りなく、休符だと休みが短くなってしまいます。それに、だんだん速度が速くなるクセもあります。

    何かいい方法があったら、教えてください。

まず、「音符の長さ」がキープできないという点については、手の大きさが影響していることもあります。 例えば、オクターブを弾くところで、指が届かず音が切れてしまうなど。

その場合には、致し方ない事でもありますが、お風呂などで指の間をストレッチすることで、指が若干は広がりやすくなるかもしれません。

ただ、今回は手の大きさの問題ではないと思いますので、休符がキープできない問題と同様に、練習方法を工夫してみましょう。 その練習方法ですが、キープしなければならない音の「次の音」を意識して、次の音を弾くまでは、音をキープする(休符をキープする)という事を、 納得するまでゆっくりと繰り返し、感覚を覚えていきます。

なるべく部分練習する範囲を狭くして、ゆっくりと練習することが大切です。

次に、だんだんテンポが速くなる対策ですが、曲をいくつかに分けて、具体的に曲のどの部分から速くなってしまうのか、一度演奏を録音して聴いてみましょう。

その上で、速くなる箇所近辺から、メトロノームに合わせて弾く練習をしてみましょう。

それと同時に、拍子を手でたたくなど、体を使ってカウントしながら演奏を聴いてみるのもよいと思います。 弾く練習だけでなく、録音した音を客観的に聴くこともポイントになります。

頑張ってくださいね。

このページの内容に関連するページ:
卒園式でピアノの伴奏。テンポがどんどん速くなってしまい悩んでいます
たまに黒鍵から指がすべってしまいます
ダンパーペダルを踏んでいる場合でも鍵盤はずっと押えていた方がいい?
4の指が弱くて、1つ1つの音のつぶが揃いません
演奏中に弾いていない指が必要以上に浮いてしまいます
発表会や先生の前では、緊張して指が回らない、音を外してしまう
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.