トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

去年ブルクミュラーのシュタイヤー舞曲、今年エリーゼのために

  • 2014年9月に小2でピアノを始めました。
    去年1年2カ月でブルクミュラーのシュタイヤー舞曲を弾きました。

    今年の発表会でエリーゼのためにを提案されました。本人は弾いてみたいけど自信がないと言ってます。

    親としては弾けるのかやや不安です。難しいように思いますが、大丈夫でしょうか?

少し長い曲ですし、途中には32分音符が出てきて速く指を動かす所もありますので、少し心配されているのかもしれませんね。

簡単な曲ではないかもしれませんが、冒頭部分が何回か出てくるので、それほど長さは問題ないと思いますし、全体的に難しすぎるというほどではない様に思います。

曲想が変わる中間部は、転調もしますし、32分音符なども出てくるので、最初の頃は苦戦される方も多いので、後回しにせず丁寧に練習をされるとよいかと思います。

頑張ってくださいね。

このページの内容に関連するページ:
お子様のピアノ発表会まとめ特集(曲選び、服装、意義、練習、緊張の克服)
「エリーゼのために」と「お人形の夢と目覚め」ではどちらが難しい?
「エリーゼのために」を弾こう (ピアノ初級から中級へ)
ピアノのしらべ:ベートーヴェン作曲「エリーゼのために」
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.