トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ソナチネアルバムのレベルとは?

  • ソナチネアルバムのレベルとは?
  • ソナチネアルバムは、どのような教材ですか?

「ソナチネ」とは、小規模なソナタのことです。ソナタにつきましては、ソナタアルバムのレベルとは?のページで説明しておりますが、いくつかの楽章と呼ばれる曲が集まって1つの曲ができています。よく、交響曲で、第1楽章、第2楽章などと言われますが、あの楽章です。通常ソナタは、3楽章から4楽章で構成されていますが、ソナチネでは、2楽章までであったり、各楽章が短いものが多くなります。ただ、ソナチネアルバムは、ブルグミュラーと比べますと、曲の作りが複雑で難しく、かつ長い曲になります。

ソナチネアルバムでは、曲の書かれている形式についても学んでいきます。形式とは、曲の構成パターンのようなものです。例えば、テレビドラマやお芝居なども、ところどころで場面が変わりながら、1つの物語が展開していきますが、それと同様に、1つの楽章の中も、いくつかの異なる場面から作られ、それらの組み合わせにより1つの楽章が表現されます。楽章を、それぞれの場面(フレーズ)に分け、それぞれの場面での弾き方や、その場面を組み合わせたときの楽章全体の流れを理解し、更には、個々の楽章の特徴を生かして、それを1つの曲にまとめていくような表現力や演奏技術が要求されます。

ソナチネアルバムは、モーツァルトやベートーヴェンなど、いろいろな作曲家が書いた主にソナチネ・ソナタ形式の曲を集めたもので(一部異なる形式の曲も含まれています)、個々の作曲家についても理解を深め、その特徴にあった弾き方も学んでいきます。

一般的に、ソナチネアルバムは、ピアノ中級から上級に近い中級のレベルです。(お子様が、音楽大学を目指す場合は、小学生のうちに、このソナチネアルバムの中ほどか、終わりくらいまで進めるのが一般的です)。

ソナチネアルバムでは、例えば以下のような曲を弾きます。
クレメンティ作曲「ソナチネ 作品36-4」より第1楽章
(WMA形式です。Windows Media Player で再生できます)

このページの内容に関連するページ:
バイエル、ブルグミュラー、ソナチネ、ソナタアルバムのレベルとは?
ソナチネアルバムを練習する順番は?
バイエルのレベルとは?
ブルグミュラー25の練習曲のレベルとは?
ソナタアルバムのレベルとは?

スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.