トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

そもそもピアノを弾くのが上手いって、どういうことなんでしょうか?

  • 最近思い始めたんですが、
    そもそもピアノを弾くのが上手いって、どういうことなんでしょうか?

    楽譜どうりに弾ける事なのか、
    自分で曲にあった表現が出来ることなのか…
    他にもあるんでしょうか?

    お手本は音楽においては無いように感じますが、
    正しいでしょうか?

これは、難しい質問ですね。

ピアノといっても、色々なジャンルがあります。例えば、クラシック音楽とジャズとでは、上手な要素も変わってくるでしょう。

ジャズでは、クラシックには無い、アレンジ力や即興力なども必要になってくると思いますし。

楽譜通りに弾くことは、クラシック音楽において、とても重要なことですが、しかし、それは「出来て当たり前」のことなので、それだけで上手とは言えないですね。

テクニックだけではなく、音楽解釈や表現力などが総合的に求められると思います。

聴く人によって、色々な考えがあると思いますので、色々な人の意見も参考にしながら、最終的にご自分なりのお考えをまとめる必要があると思います。

お手本についても、音楽は、最終的に、弾く人が自分で表現したい音楽の演奏方法を工夫していく中で、決定していくものだと思いますので、 ご自分と完全に同じ考えのお手本はないのかもしれません。

しかし、すべてを一人で行うことは、とても難しいので、ピアノを専門的に勉強してきた先生などに習うことで、 ご自分が思い描いている演奏が可能な弾き方のヒントが得られるのではないかと思います。

このページの内容に関連するページ:
ピアノを弾ける事、絶対音感はすごくないですよね?
ピアノが大好きですが、どうやって上手に弾けるかがわからないのです
もっと上手に表現、作曲家の思いに近づけるには?
本人にピアノの素質があるのか、どこで見出したらいいのでしょうか
お子様の勘の違いとレッスンの進度をどう考えるか
飽きる事なく上手にピアノを弾けるように練習する方法
お子様の才能とスズキ・メソードについて考える (ブログ)
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.