トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

バッハ「プレリュード第1番」、ペダル記号が全く書かれていません

  • バッハの「プレリュード第1番」は、ペダル記号が全く書かれていませんが、ペダルを全体的に使ったほうがよろしいでしょうか?

    「天使の声」と同じく、やわらかいイメージですので、全体的に使ったほうが良いと思います。人前で弾く機会がありますので、おかしくならないよう、ペダルを使って美しく響かせたいと思います。


バッハが作曲した当時は、まだピアノという楽器が普及していませんでしたし、そもそもこの曲集はクラヴィ―ア曲集というタイトルで、主にチェンバロなどで演奏するために書かれました。

しかし、現代のピアノで演奏する場合には、ピアノの特性を利用して、ペダルを使用した方が美しい音楽になると思います。

このページの内容に関連するページ:
バッハの平均律第1巻24番前奏曲。スラーとタイの区別で混乱
バッハ コラール集のBWV645で弾き方が分からない部分があります
バッハプレリュードニ短調 BWV935の練習の仕方
ダンパーペダルを踏んでいる場合でも鍵盤はずっと押えていた方がいい?
ペダルマークが無くてもペダルを使って演奏していいの?
ペダルはいつも踏んで練習するべきですか?
ピアノのペダルの練習方法
バッハ・ピアノ曲 無料楽譜/有料楽譜一覧
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2020, con Vivace. All rights reserved.