トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

小指が短くても合理的に美しく、手を傷めずに弾くための練習

  • 小中学校時代にピアノを習っていた者です(現在40代、女性)。最近また独学で弾き始めましたが、どうやら手首を痛めてしまったようなので、相談させてください。

    私の手は、小指だけとても短いです。オクターブは、上から掴めず、鍵盤の端に小指をひっかけるような形でしか弾けません。 ために小指で弾く音が弱く、響きません。また右手の小指を使って旋律線を浮き立たせるような曲が、中々うまく弾けません。

    先日来、繰り返し練習していたところ、手首(小指側の、骨の出っ張っている所)が少し腫れぼったく、熱を帯びたようになってきました。翌日には痛みも出てきました。

    仕方なく3週間ほど休んだらかなり良くはなりましたが、再開するとやはり痛みます。

    日常生活の中でも時々、痛っ・・・という時があります。ドアノブをひねるとか、手首をつく、あるいはひねった状態で力を加えるような動作(例えば台の上でパン生地をこねるような動作)の時に、痛むようです。

    子供の頃にはあまり真剣に練習していなかったせいか(笑)手を傷めるようなことは皆無でした。

    大人になった今は、「この曲はこう表現したい、こういう風に弾きたい」というような気持ちが強くある分、練習にも熱が入りますが、それだけに、無駄な力が入った弾き方では危険なのだということを、痛感しています。

    小指が短くても合理的に、美しく、また手を傷めずに弾くために、どういう点に気を付けて練習したらよいのか、ポイントがあれば教えて頂きたく、投稿しました。

    長々とすみません。ピアノを一生大切にしていきたいので、どうぞよろしくお願い致します。

ピアノは手を使って弾くので、手の悩みを持たれている方は多いのではないかと思います。

手が小さくて、弾くときに苦労されている方がいる一方で、手が大きすぎて悩んでいる方もいます。 手が大きい悩みというのは、驚かれるかもしれませんが、指が太いために、白鍵の細い部分に指が入らず、和音などの時に苦労するようです。

プロのピアニストでさえ、苦労されている方がいるので、自分の指に満足している人の方が少ないのかもしれません。

少し手が痛くなるというレベルではなく、日常生活でも痛みがあるというのは、かなり心配ですね。 弾き方を改めるよりも先に、専門機関で一度きちんと診察をしていただいたほうがよいのではないかと思います。

手は、思った以上にデリケートなものなので、練習している時に少しでも違和感を感じたら、練習をやめる勇気も必要だと思います。

また、手が大きくないと弾きにくい作品ではなく、手が小さい事が有利になるような曲を弾くという選曲の工夫もされるとよいのかもしれません。

小指が短い・弱いという悩みを抱えている方は、とても多いのですが、指の付け根部分の関節(第3関節)を少し意識してみるのもよいかもしれません。

このページの内容に関連するページ:
1ヶ月ほど前から、左中指の節のあたりが少し痛いです
広い和音やアルペジオ、オクターブが続く曲で手の筋肉や手首が痛くなる
指が短く、オクターブの音がやっとです
一曲弾き終わる前に腕がだるくなって指がもつれてきます
アルペジオが滑らかに弾けません
ベートーベンのソナチネ第5番でアルペジオの指が届きません
早く弾くことができず手首(特に小指)が痛くなります
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.