トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

ベートーヴェン月光第1楽章、右手で付点、左手で3連符の合わせ方

  • ベートーヴェン月光第1楽章のように、右手で付点、左手で3連符を弾くときの合わせ方について教えてください。

    単純な例として、
    右手で、ドーレドーレドーレと付点で弾き、
    左手で、ドミソドミソドミソと3連符で弾くものとします。

    つまり、右手のドは、左手のドと同時に弾きます。
    この場合、右手のレは、左手のソとドの間に弾く、という点は間違いないかと思います。


    お聞きしたいのは、
    付点のリズムを、厳密に3:1だと考えれば、
    右手のレの音は、左手のソとドの真ん中ではなく、ソに近いタイミング(より正確には、ソとドの間の1/4のタイミング)で弾くことになよりますが、 プロの方の演奏を聴くと、必ずしもそうではなく、 なかには、ソとドの真ん中で弾いているように聴こえる場合もあります。

    右手で付点、左手で3連符を弾く場合、どのように合わせるのが良いでしょうか。

今回の部分ですが、一般的には、左手のソと次のドの間くらいに、右手の付点の音を弾く事が多いように思います。

ピアニストの方々は、それぞれ作品を研究され、また作曲者の意図をくみ取り、どのような表現をしたらよいのかを考えて、 独自の解釈に基づいて演奏されていますので、一般的な演奏と異なる場合があります。

左手のソの音に近いタイミングで右手の音を弾くと、少し変わったリズムが逆に気になり、曲全体の雰囲気を保ったまま演奏する事が、 なかなか難しくなる気がします。

ご自身で演奏される場合は、一般的に弾かれるような、最初に説明したタイミングで弾いてみるのがよいかと思います。

このページの内容に関連するページ:
ベートーヴェン「ソナタ 月光 第一楽章」 (ピアノ曲・ワンポイント攻略法)
ベートーヴェン作曲 ソナタ「月光」第1楽章 (無料楽譜でピアノレッスン)
幻想即興曲。最初の部分の左手と右手のズレがつかめません
ノクターン20番、終盤の音階の連符がうまく弾けません
ピアノがどうしても上手く弾けないところがある
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.