トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ピアノを習うとは

ピアノという楽器について

楽譜の次に難しく感じられるのは、ピアノの鍵盤の多さでしょう。白い鍵盤と黒い鍵盤を合わせて、88個の鍵盤があります。この鍵盤で、ピアノは、7オクターブと1/4(周波数にすると27.5Hzから4186Hz)の音域をカバーします。一般成人の声域が2オクターブ程度ですので、いかに広い表現範囲を持っているかがわかります。こんなに広い音域を出せる楽器は、他にはありません。


(ピアノの鍵盤と、真ん中のド)

これだけの鍵盤をはじめから使いこなすのは困難ですが、かなり難しい曲でない限り、これだけの音域は同時には使っておりません。ピアノでは、鍵盤の左から数えて4つ目の「ド」を、「真ん中のド」と言いますが、今回ご紹介する教材では、この真ん中のドを中心に右側の10個くらいの鍵盤を右手で、左側の10個くらいの鍵盤を左手で弾いていきます。これだけの音域でも、多くの曲を弾いて楽しむことができるのです。

また、ピアノの黒い鍵盤は、主にシャープ(#)やフラット(♭)のときに使われるもので、2つの白い鍵盤の丁度真ん中の音になりますが、今回の教材では、最後のステップ4までは、白い鍵盤のみで弾いていきます。ステップ5で、シャープ(#)が出てきます。少しずつ、使える鍵盤の範囲を広げていけばよいと思います。

今回ご紹介する教材の中では、このような鍵盤の見方以外にも、ピアノの音が出る仕組みや、ペダルの効果、ピアノの種類による違いなどの説明もしています。
また、ピアノをはじめるにあたって、ピアノの購入を検討されている方は、「後悔しないピアノ選び」のページも見ていただければと思います。

ページ1 2 3 4 5 6 7 8

スポンサード リンク

独学でピアノレッスン

おすすめ商品
自宅でできる
はじめてのピアノ レッスン
自宅でできる はじめてのピアノ レッスン
初心者の方でも、3〜6ケ月で「エーデルワイス」が弾けるようになります。 「ピアノ初心者のための最初の第一歩」のページと合わせてご覧ください。
趣味のピアノ・楽譜教本
趣味のピアノ・楽譜教本
ピアノ初級者の方でも、独学でピアノの練習ができる楽譜です。 「ピアノの楽譜が読めますか?」のページと合わせてご覧ください。
後悔しないピアノ選び
後悔しないピアノ選び
ピアノは、どれでも同じと思っていませんか?ピアノを購入される前に、お読みください。
子供のためのピアノ教育
子供のためのピアノ教育
お子様のピアノ教育は、親御さん次第。意味のあるピアノ教育にするためのコツ。

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.