トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
お子様をピアノ教室に通わせる

ピアノ発表会の意義を考える

通常、お子様をピアノ教室に通わせますと、年に1回発表会があります。 このピアノの発表会については、親御さんの間でも意見が分かれるかもしれません。

お子様が女の子ですと、かわいいドレスを着て舞台に上がるのを楽しみにしているお母様もいらっしゃるでしょう。そのドレス選びも、楽しみの1つです。

また、通常発表会のために、2、3ヵ月集中して発表会の曲だけを練習することになりますが、その時間がもったいないので発表会に出るのをやめて、 その分教材を進めたいという親御さんもおられます。

中には、発表会の意義についてそれ程深く考えず、幼稚園・保育園のお遊戯会や、学校の授業参観日のような感覚で見に来られている親御さんもおられるのかもしれません。

しかし、多くの方が見ている大きな会場で、1人でスポットライトを浴びて、しかも暗譜(楽譜を見ない)でピアノを弾くことは本当に緊張するものです。 大人の生徒さん向けにもピアノの発表会がありますが、会社で大勢の前でプレゼンをしたり講演をすることに慣れている方でも、 「仕事の緊張とは比べ物にならないくらい緊張した。本当に頭が真っ白になった」と言われるくらいです

その日のために長い間練習してきた成果を、大勢の方の前で披露するわけですが、その過程にあるのは「音楽が好き」「ピアノが楽しい」といった楽しいだけの音楽ではありません。 決められて期日までに成果をまとめ、当日の緊張をコントロールして、それを乗り越えたときの達成感に浸る、自ら演奏しなければ味わうことができない別の音楽の楽しみ方を教えてくれる場なのです。

発表会の日が近づいてきても満足できる演奏ができていないとき、発表会を「試練」と感じることがあるかもしれません。 しかし、受験もそうですが、お子様が成長していく中で試練は度々訪れるのです。 その中には、逃げることができるものもあるかもしれません。 しかし、試練を恐れず、自らをコントロールして試練を乗り越え、その達成感に浸る成功体験は、その後の人生にも大きな自信となるように思うのです。

「試練」とは、多くの場合「チャンス(好機)」なのです。入試という試練は、自分が行きたい学校に入り、将来を切り開くためのチャンスでもあります。 全ての人間に同じだけ成功の機会(チャンス)が与えられていたとしても、試練を乗り越える成功体験がなれば、成功を掴む可能性もそれだけ減ってしまうのかもしれません。

「子供のためのピアノ教育」という解説書を販売しております。
解説書では、ピアノ発表会の様子や各学年での発表会の曲目、成功体験がもたらす効果についても説明しています。 「子供のためのピアノ教育」解説書のページで、ご購入いただけます。

ページ1 2 3 4 5 6 7

スポンサード リンク

子供のためのピアノ教育

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

特集
ピアノ発表会のまとめ

音楽ナビ

ピアノのレベルチェック
まずは実力チェックから!

ピアノ コンシェルジェ
ご不明な点 ご案内いたします

趣味の音楽
音楽を趣味として長く楽しむ!

ピアノのしらべ
テーマごとのピアノの曲

音楽関連グッズ
音楽に関連した物を集めました

おすすめ音楽CD
聴いてみたい音楽CD

その他

発表会の衣装選び

メルマガ登録
ピアノを演奏する楽しさを感じていただけるように、無料のメールマガジンを発行しています。 音楽の雑学的な事や作曲家の話、ちょっとしたテクニックなど。是非ご購読ください。
メールアドレス:
Powered by

メルマガ登録・解除・詳細・
バックナンバー

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.