トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
con Vivace Piano Concierge

60才のピアノ講師。レッスンが生き甲斐なので、少しでも長く続けたい

  • 現在、60才のピアノ講師です。会社なら定年の年ですが、レッスンが生き甲斐なので、少しでも長く続けたいと思っています。

    日々、レッスングッズを作成したり、指導に関する本を読んだり努力はしていますが、大した学歴もなく、生徒さんをコンクール等には、出していません。

    年を取ってきたら、お月謝の額でも下げないと、生徒さんは来てくれないのかな〜と不安になります。

    何か、良いアドバイスが有れば、宜しくお願いいたします!

先輩の先生からご質問をいただき恐縮です。

アドバイスと言えるものではありませんが、私の経験からしても、ピアノのレッスンに通われる生徒さんは、様々な目的をお持ちです。 ピアノの上達を第一に考える方もいれば、趣味として楽しく学べる事が一番と考える方もおられます。

そのため、生徒さんのコンクール受賞歴などは、一つのアピールに過ぎないのではないでしょうか。

ピアノの先生に求める(期待する)ものも様々で、「ベテランの先生だからこそ、子供を安心して通わせることができる」と考える親御さんも少なくありません。

また、退職されてからピアノを習い始める方などにとっては、よい話し相手と思えるのではないでしょうか。

そのように考えますと、長年ピアノの指導をされてきた経歴は、十分アピールできる価値があります。お月謝を下げるどころか、より高い設定にする理由にもなると思います。

お子様の生徒さんのことを考えた場合、ピアノ講師は、学校の先生や塾の講師のように数年ごとに変わるわけではなく、お子様が長くピアノを続けた場合、幼稚園生・保育園生の時から大学生になるまで、 ずっと同じ講師に習う可能性もあります。

ご両親以外に、お子様が同じ大人と、これだけ長い期間に渡って1対1で話す機会を持つことは現在では稀なことではないでしょうか。当然、そのお子様がピアノ講師から受ける影響は少なくありません。

多くの親御さんにとって、最終的な目標は、お子様をピアニストにすることではなく、お子様のよりよい未来なのだと思います。

そういった意味でも、多くの生徒さんを見守ってきた長いご経験は、十分価値があると思います。

これからも、生徒さんのために、また、ご自身のために、長くレッスンを続けていただければと思います。

このページの内容に関連するページ:
殆どの生徒さんが中学に入学すると部活、塾などで多忙になり退会
生徒さんのお母様の熱心さにどう接すれば良いのか悩んでます
お子様の勘の違いとレッスンの進度をどう考えるか
子供にわかりやすく、かつやる気を持たせるには、どう指導すべき?
兄弟で習いに来ていますが、一方がレッスンしている間に一方は寝ています
ほとんどの子が自宅にキーボード・電子ピアノの所有が多くなってきました
ピアノと電子ピアノの違いを説明しても、なかなか理解されてない保護者が多い
電子ピアノの生徒さんにはどういうレッスンを行ったら良いでしょうか?
電子ピアノなためペダルの踏むタイミングや左右のバランスがイマイチ
スポンサード リンク



ピアノ・コンシェルジェ

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.