トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ウィーン・クラシックス グリーンホール相模大野

ウィーン・クラシックス

ウィーン・クラシックス

文化の日は、世界的に有名な名門ウィーンフィルなどのメンバーによる「ウィーン・クラシックス」というコンサートを聴きに行ってきました。会場は、グリーンホール相模大野大ホールです。

このコンサートは、ウィーン国立歌劇場来日記念特別演奏会で、ベテランから若手と思われる方まで15人のメンバーで編成されています。
今回のプログラムは、すべてモーツアルトの作品でしたが、交響曲からヴァイオリンコンチェルト、ファゴットコンチェルト、室内楽など、多彩な種類の音楽が演奏されました。 昔から「音楽の都」と呼ばれているウィーンを本拠地にしているウィーンフィルなどのメンバーが自国のモーツアルトを演奏するので、とても興味深く拝見しました。

メンバーの方々が奏でる音楽は、とても柔らかい音で、甘く、とろけそうな、優雅な香りが漂ってくるようなものでした。 「これが本場のウィーンナートーン」なのかと思いました。 それと同時に、音楽のメリハリもあり、色々な表情が見えてくる音楽でもありました。

コンチェルトでは、同じメンバーがソロを務めていましたので、これ以上ないくらいに息のあった演奏をされていました。 また、ファゴットコンチェルトでは、今まで指揮をしていた方がソロもされていたので、とても驚きました。(よく見るとこの方は、普段ファゴット奏者として活動させているようです) ピアノコンチェルトでピアニストが指揮も兼任するのは、時々見ますが、今回のようにファゴット奏者が指揮も兼任するというものは、大変珍しく初めて見ました。

今回演奏を聴いていて一番印象に残った事は、メンバーの皆さんが、とてもリラックスをして楽しそうに演奏をされていたことです。 同じパートの方同士で目で合図をされていたり、他のパートの奏者の様子を見ながら合わせて弾いていたり・・・、まるで普段の演奏の風景そのままなのです。
演奏しているメンバーも聴衆も一緒になって、モーツアルトの音楽を楽しんだひと時でした。

趣味の音楽のトップページに戻る

スポンサード リンク



目次
ヨーロッパ音楽紀行
ロシア・サンクトペテルブルグ
フランス・パリ
オーストリア・ウィーン
オーストリア・ザルツブルグ
チェコ・プラハ
ドイツ・ドレスデン
ドイツ・ライプツィヒ
ドイツ・ワイマール
ドイツ・アイゼナハ
ドイツ・ベルリン
ラ・フォル・ジュルネ
2013・パリ 至福の時(ブログ)
2012・サクル・リュス
2011・タイタンたち
2010・ショパンの宇宙
2009・バッハとヨーロッパ
2008・シューベルトとウィーン
その他

ヨーロッパ・ツアー
音楽関連ツアー全般
オペラ鑑賞ツアー
作曲家別・その他

広告

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.