トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2010

ラ・フォル・ジュルネ 2010・ショパンの宇宙

ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭2010・ショパンの宇宙

今年もゴールデンウィークは、「ラ・フォル・ジュルネ」に行ってきました。(昨年の記事は、ラ・フォル・ジュルネ 2009をご覧ください。 また、ラ・フォル・ジュルネ2010の公式ホームページは、こちらです)。

今年のテーマは「ショパンの宇宙」。ショパン生誕200年のショパン・イヤーに、日本で最大のショパン・イベントとなるようです。 イラストは、ショパンを現代風に描いた軽いノリですね。

ラ・フォル・ジュルネ 2010、ショパンの宇宙

5月2日(日)から5月4日(火)まで開催されましたが、今回は最終日となる5月4日に東京国際フォーラムへ行きました。今年は、この東京会場以外に、「金沢」「新潟」「びわ湖」でも開催されたようです。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・東京国際フォーラム

今年は天気も良く、会場は適度な混み具合でした。ショパン・イヤーの日本最大のイベントということで、非常に混むのではないかと想像していましたが、会場が増えたことや、 ショパンが他の作曲家と違ってオーケストラの曲をほとんど作曲しておらず、作品のほとんどがピアノ曲なので、対象となるファンが限られた事が要因なのかもしれません。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・東京国際フォーラム

ラ・フォル・ジュルネ 2010・東京国際フォーラム

建物の中は、ステージでイベントが始まると、毎年のように満員です。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・東京国際フォーラム・会場内

会場内には、カフェやグッズを販売するコーナーなども併設されていました。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・東京国際フォーラム・会場内・カフェ

ショパンカフェでは、ショパンの恋人だったジョルジュ・サンドの家に伝わるメニューを帝国ホテルがアレンジしたビーフシチューや、若鶏をクリームで煮込んだ料理などが販売されていました。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・ショパンカフェ

グッズの販売コーナーも充実しています。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・グッズ売り場

今年は、音楽家に変装したキューピー人形が可愛いらしかったので買ってみました。ここでしか手に入らないようです。シューベルト、ベートーヴェン、ショパン、モーツァルト、バッハの5人が勢揃いです。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・音楽家キューピー

ラ・フォル・ジュルネ 2010・音楽家キューピー

さて公演ですが、今年はヤツェク・カスプシクさんの指揮、シンフォニア・ヴァルソヴィアの管弦楽団、小山実稚恵さんのピアノで、ショパンのピアノ協奏曲第1番を聴きました。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・公演

指揮者も管弦楽団も共にショパンと同じポーランド出身で、特に指揮者のヤチェックさんは、ワルシャワ音楽院(ショパン音楽アカデミー)で学ばれたということで、 なおさら興味深く演奏を聴くことが出来ました。

ピアニストの小山実稚恵さんは、日本を代表するピアニストで、国際音楽コンクールの最高峰とも言えるショパンコンクールとチャイコフスキーコンクールの両方に入賞された経歴をお持ちです。 ピアニストというと、ニューヨークやパリ、ウィーンなどクラシック音楽の本場や、有名なアカデミーで勉強する方が多いのですが、小山さんは珍しく留学経験がないそうです。 また、今年は秋にショパンコンクールが開催されるのですが、その審査員として参加されるとのことです。

とにかくスケールの大きな演奏をされるピアニストなので、相当広いホールにも関わらずとても存在感のある雰囲気と演奏でした。 今回のオーケストラは比較的小さい編成だったのですが、オーケストラが負けてしまう位で、もっと大きな編成のオーケストラで聴きたかったほどです。 それでいて、ピアニッシモなどの弱い音も柔らかくきれいな音で、より演奏に惹きつけられる魅力もありました。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・公演

まさに人気・実力共に兼ね備えたピアニストなのだと、改めて感じる素晴らしい演奏でした。

この期間は、周辺のエリアでも音楽のイベントが開催されていました。丸の内ビルでは、ショパン展です。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・丸ビル・ショパン展

入場無料なのに、ショパンの直筆譜も展示されていて、結構お得な展示でした。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・丸ビル・ショパン展

ホールでも、音楽イベントが開催されていました。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・丸ビルのイベント

この垂れ幕のショパンとジョルジュ・サンドの絵も、現代風で面白いですね。今の時代に彼らが生きていたら、このようなショットになったのでしょうか。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・丸ビル・ショパンとジョルジュ・サンドの絵

お隣りの新丸ビルでは、「のだめカンタービレ・ワールド」が開催されていました。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・新丸ビル・のだめカンタービレ・ワールド

クラシック音楽ブームのきっかけとなった「のだめカンタービレ」の原画などが展示されていたようですが、すごい行列です。やはり、人気があるのですね。

ラ・フォル・ジュルネ 2010・新丸ビル・のだめカンタービレ・ワールド

来年 2011年は、ブラームスからシュトラウスまでの後期ロマン派がテーマとなりそうです。また、来年も楽しみにしたいですね。

スポンサード リンク



スポンサード リンク



目次
ヨーロッパ音楽紀行
ロシア・サンクトペテルブルグ
フランス・パリ
オーストリア・ウィーン
オーストリア・ザルツブルグ
チェコ・プラハ
ドイツ・ドレスデン
ドイツ・ライプツィヒ
ドイツ・ワイマール
ドイツ・アイゼナハ
ドイツ・ベルリン
ラ・フォル・ジュルネ
2013・パリ 至福の時(ブログ)
2012・サクル・リュス
2011・タイタンたち
2010・ショパンの宇宙
2009・バッハとヨーロッパ
2008・シューベルトとウィーン
その他

ヨーロッパ・ツアー
音楽関連ツアー全般
オペラ鑑賞ツアー
作曲家別・その他

おすすめ商品
自宅でできる
はじめてのピアノ レッスン
自宅でできる はじめてのピアノ レッスン
初心者の方でも、3〜6ケ月で「エーデルワイス」が弾けるようになります。 「ピアノ初心者のための最初の第一歩」のページと合わせてご覧ください。
趣味のピアノ・楽譜教本
趣味のピアノ・楽譜教本
ピアノ初級者の方でも、独学でピアノの練習ができる楽譜です。 「ピアノの楽譜が読めますか?」のページと合わせてご覧ください。
後悔しないピアノ選び
後悔しないピアノ選び
ピアノは、どれでも同じと思っていませんか?ピアノを購入される前に、お読みください。
子供のためのピアノ教育
子供のためのピアノ教育
お子様のピアノ教育は、親御さん次第。意味のあるピアノ教育にするためのコツ。

メルマガ登録
ピアノを演奏する楽しさを感じていただけるように、無料のメールマガジンを発行しています。 音楽の雑学的な事や作曲家の話、ちょっとしたテクニックなど。是非ご購読ください。
メールアドレス:
Powered by

メルマガ登録・解除・詳細・
バックナンバー

音楽ナビ

ピアノのレベルチェック
まずは実力チェックから!

ピアノ コンシェルジェ
ご不明な点 ご案内いたします

趣味の音楽
音楽を趣味として長く楽しむ!

ピアノのしらべ
テーマごとのピアノの曲

音楽関連グッズ
音楽に関連した物を集めました

おすすめ音楽CD
聴いてみたい音楽CD

その他

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

スポンサード リンク

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.