トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ヨーロッパ音楽紀行

ヨーロッパ音楽紀行・パリ1

パリ エトワール凱旋門

フランスの首都パリは、「芸術の都」と呼ばれています。 長く続いた王朝は、17世紀のルイ14世の時代に最盛期を迎え、ヨーロッパの政治、経済、文化の中心地となりました。 その後フランス革命などを経て、現在のフランス共和国となりますが、絵画から彫刻、音楽、ファッションに至るまで、現在でもさまざまな文化的影響を世界に与え続けています。 また、セーヌ河岸一帯は、ユネスコの世界遺産にも指定されており、毎年大勢の観光客が訪れる世界屈指の観光都市でもあります。

パリには、ショパンや、ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ、サン=サーンス、ワーグナーなど有名な音楽家たちが暮らしました。特にショパンは、19年間もパリで暮らし、そして今もパリに眠っています。 中世の街並みが残るパリの市街には、そうした音楽家たちが暮らしていた街の香りが今も漂っています。今回は、そんなパリ市街と、その近郊を旅してみました。
(BGMを用意しました:ショパン作曲 ワルツNo.2「華麗なるワルツ」Op.34-1 )

緯度の高いパリは、9月上旬にもかかわらず、既に紅葉が始まっていました。パリは日本でいうと北海道の札幌市より更に北に位置します。

パリ 市街 紅葉

コンコルド広場の街路樹も綺麗な色に染まっていました。

パリ コンコルド広場の紅葉

最初は、凱旋門の更に外側に位置するポルト・マイヨ(Porte Maillot)駅周辺から散策を始めました。すぐ横には、広大なブーローニュの森が広がっています。以前は狩猟の場だったようですが、今では公園や遊園地として整備されています。 街路樹には、実がいっぱい生っていました。皮を剥くと栗そのものに見えますが、マロニエと言いトチノキの一種です。アクが強くて、そのままでは食べられないようです。

パリ 街路樹 マロニエ

この一画に、ドビュッシーが1905年から亡くなるまでの13年間暮らした場所があります。 しかし、現在は一般の住居として使用されており、プレートなどが飾ってあるわけではありません。

パリ ドビュッシー最後の家の一画

パリ ドビュッシー最後の家の一画

ドビュッシーは、この1905年に妻のリリーと離婚し、後に同棲していたエマ・バルダックと再婚、そして初めての子供クロード・エマを授かることになります。 この一人娘を大変かわいがり、彼女の為に「子供の領分」
(Amazonで試聴) という曲も作曲しました。今でも、お子様がピアノの発表会で弾く人気の曲です。 「亜麻色の髪の乙女」などを含む「前奏曲集」なども、ドビュッシーがこの家に移り住んでからの作品ということになります。

パリ ドビュッシー最後の家

この後、凱旋門へと向かいました。

パリ エトワール凱旋門へ

1990年に完成したグランダルシュ(グランド・アルシュ)を加えると、パリには5つの凱旋門があることになりますが、 その中でも一番有名でありパリのシンボルとなっているのが、シャルル・ド・ゴール広場に建つエトワール凱旋門です。一般的にパリで凱旋門と言えば、このエトワール凱旋門のことを指します。

この凱旋門は、1805年にナポレオン率いるフランス軍がオーストリア・ロシアの連合軍を破ったアウステルリッツの戦いを記念して、ナポレオンの命により建設が始まったものですが、ナポレオンが亡くなった後の1836年になって完成しています。

パリ エトワール凱旋門

この凱旋門には博物館があり、屋上のテラスに出ることもできます。

パリ エトワール凱旋門 上に登ることができる

周りの細かく立体的に作られた彫刻も素晴らしいですね。

パリ 凱旋門の彫刻 コルトー作

この凱旋門からコンコルド広場へと続く大通りが、有名なシャンゼリゼ通りです。パリで最も美しい通りと言われ、クリスマスのイルミネーションでも有名です。

パリ シャンゼリゼ通り

通りの両脇には、カフェやレストラン、ブランドのお店などが立ち並びます。ルイ・ヴィトンの大きな店舗(シャンゼリゼ本店)もあります。

パリ ルイ・ヴィトン シャンゼリゼ本店

このシャンゼリゼ通りから少し北へ外れたところには、サル・プレイエルがあります。パリを代表するコンサートホールで、有名なパリ管弦楽団の定期演奏会の他、フランス内外の一流オーケストラや音楽家の演奏会が開催されます。 ショパンがパリで本格的なデビューをしたのも、このサン・プレイエルですが、現在の場所には1927年に移転しているため、ショパンの当時のホールというわけではありません。

パリ サル・プレイエル

パリ サル・プレイエル

サル・プレイエルは、フランスを代表する老舗の一流ピアノメーカーであるプレイエル社によって建てられたものです。ショパンも、プレイエルのピアノを生涯愛用しました。 このプレイエル社のショールームも、サル・プレイエル内に併設されています。

パリ プレイエルのショールーム

この後、東へと歩き、サン・フィリップ・デュ・ルール教会のある交差点を斜め北へ進むと、サル・ガヴォーがあります。

パリ サン・フィリップ・デュ・ルール教会

これが、そのサル・ガヴォーです。

パリ サル・ガヴォー

サル・ガヴォーは、かつてピアノ工房だったガヴォー社によって建てられたコンサートホールで、サル・プレイエルと並ぶコンサートホール御三家の1つです。 ロン・ティボー国際音楽コンクールの会場としても知られています。

スポンサード リンク



ページ1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17


目次
ヨーロッパ音楽紀行
ロシア・サンクトペテルブルグ
フランス・パリ
オーストリア・ウィーン
オーストリア・ザルツブルグ
チェコ・プラハ
ドイツ・ドレスデン
ドイツ・ライプツィヒ
ドイツ・ワイマール
ドイツ・アイゼナハ
ドイツ・ベルリン
ラ・フォル・ジュルネ
2013・パリ 至福の時(ブログ)
2012・サクル・リュス
2011・タイタンたち
2010・ショパンの宇宙
2009・バッハとヨーロッパ
2008・シューベルトとウィーン
その他

ヨーロッパ・ツアー
音楽関連ツアー全般
オペラ鑑賞ツアー
作曲家別・その他

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

音楽ナビ

ピアノのレベルチェック
まずは実力チェックから!

ピアノ コンシェルジェ
ご不明な点 ご案内いたします

趣味の音楽
音楽を趣味として長く楽しむ!

ピアノのしらべ
テーマごとのピアノの曲

音楽関連グッズ
音楽に関連した物を集めました

おすすめ音楽CD
聴いてみたい音楽CD

その他

広告

広告

スポンサード リンク

- 広告 -







ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.