トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ヨーロッパ音楽紀行

ヨーロッパ音楽紀行・ロシア・サンクトペテルブルグ3

サンクトペテルブルグ スパース・ナ・グラヴィー聖堂(血の上の教会)

エルミタージュ美術館を出た後は、サンクトペテルブルグ市街の見どころを歩いて回ります。

サンクトペテルブルグは、ネヴァ川河口のデルタ地帯と島々から構成されており、運河網が発達しているため「北のヴェネツィア」とも呼ばれます。 運河とその両岸の古い建物は、独特の景観を作り出していました。

サンクトペテルブルグ 北のヴェネツィア

サンクトペテルブルグ 北のヴェネツィア

ロマノフ王朝の宮殿であったエルミタージュ美術館の近くには、ストロガノフ宮殿があります。薄いピンク色のロシア・バロック様式の建物です。 あのロシア料理で有名な「ビーフ・ストロガノフ」を考案したストロガノフ伯爵の宮殿です。 塩と毛布の交易で莫大な富を築いたストロガノフ家は、国家にも経済援助を行い伯爵の称号を得るまでになりました。 現在では、建物はロシア美術館の分館となっています。

サンクトペテルブルグ ストロガノフ宮殿

その先には、カザン大聖堂があります。ローマのサン・ピエトロ大聖堂を手本に設計されました。1812年にナポレオン軍を敗走させた祖国戦争の総司令官クトゥーゾフ将軍が葬られています。

サンクトペテルブルグ カザン大聖堂

サンクトペテルブルグ カザン大聖堂

ロシア正教の荘厳な寺院となっていますが、内部は撮影できませんでした。

ロシア正教の寺院では、近くにあるイサーク(イサアク)大聖堂も有名です。30階建てのビルの高さに相当する、ロシア帝国時代の大聖堂です。

サンクトペテルブルグ イサーク大聖堂

イサーク大聖堂の前には、アドミラルチェイスキー庭園が広がります。たくさんの花が植えられ、きれいでした。

サンクトペテルブルグ アドミラルチェイスキー庭園

そして、その先には、元老院広場(デカブリスト広場)に青銅の騎士像があります。エカテリーナ2世の命により作られたピョートル大帝の像です。 ロシアの詩人アレクサンドル・プーシキンが、この騎馬像を題材に書いた「青銅の騎士」が有名になり、青銅の騎士像と呼ばれるようになりました。 騎士像の後ろには、旧元老院の建物が見えます。

サンクトペテルブルグ 元老院広場 青銅の騎士

この後、ガイドブックや旅行のパンフレットなどにもよく掲載されているスパース・ナ・グラヴィー聖堂を見に行きました。 皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所に建てられたことから「血の上の教会」と呼ばれます。運河の先に教会が見えてきました。

サンクトペテルブルグ スパース・ナ・グラヴィー聖堂 血の上の教会

ロシア正教の伝統的な建築様式であるタマネギ型の屋根になっています。他の国ではあまり見ることがない、独特なデザインの建物です。

サンクトペテルブルグ スパース・ナ・グラヴィー聖堂 血の上の教会

内装も外装も、全てモザイクで装飾されています。

サンクトペテルブルグ 血の上の教会 モザイクの装飾

こちらが、血の上の教会の内部です。聖書を題材にした非常に素晴らしいモザイク画で埋めつくされています。

サンクトペテルブルグ 血の上の教会 内部

サンクトペテルブルグ 血の上の教会 内部

サンクトペテルブルグ 血の上の教会 内部

イコンも素晴らしいものでした。

サンクトペテルブルグ 血の上の教会 内部

血の上の教会の近くには、ロシア美術館があります。ロシアで最初の国立美術館です。この建物も、元はミハイル大公の宮殿でした。

サンクトペテルブルグ ロシア美術館

ロシア美術館の斜め前には、ミハイロフスキー劇場があります。この劇場は、最近までムソルグスキー記念オペラ・バレエ劇場と呼ばれていました。 ムソルグスキーは、有名なロシアの作曲家で「ロシア五人組」の一人です。また、この劇場は日本でも有名なレニングラード国立バレエ団の本拠地でもあります。

サンクトペテルブルグ ミハイロフスキー劇場

これらの建物の前には、芸術広場が広がります。広場の真ん中には、ロシアの詩人プーシキンの像が立っていました。プーシキンは、国民詩人と呼ばれるほど人気があるようです。 チャイコフスキーや、グリンカ、ムソルグスキー、リムスキー=コルサコフなどの作曲家も、プーシキンの作品をオペラにしています。

サンクトペテルブルグ 芸術広場

サンクトペテルブルグ 芸術広場・プーシキンの像

更に、ミハイロフスキー劇場の芸術広場を介した向かいには、サンクトペテルブルクのフィルハーモニー大ホール(ショスタコーヴィッチ記念ホール)があります。

サンクトペテルブルグ サンクトペテルブルク・フィルハーモニー

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団とサンクトペテルブルク交響楽団の本拠地となっています。この芸術広場は、名前の通り芸術に関係する建物で囲まれています。

そして、徐々に日も傾いてきました。

サンクトペテルブルグ 夕暮れ

サンクトぺテルブルグ市街の夜は、日本に比べると暗いですが、ライトアップも落ち着いていて素晴らしいものでした。

サンクトペテルブルグ 夜

サンクトペテルブルグ 夜

サンクトペテルブルグ 夜

サンクトペテルブルグ 夜

次の日は、琥珀の間で有名なエカテリーナ宮殿を観光します。

スポンサード リンク



ページ1 2 3 4 5 6


目次
ヨーロッパ音楽紀行
ロシア・サンクトペテルブルグ
フランス・パリ
オーストリア・ウィーン
オーストリア・ザルツブルグ
チェコ・プラハ
ドイツ・ドレスデン
ドイツ・ライプツィヒ
ドイツ・ワイマール
ドイツ・アイゼナハ
ドイツ・ベルリン
ラ・フォル・ジュルネ
2013・パリ 至福の時(ブログ)
2012・サクル・リュス
2011・タイタンたち
2010・ショパンの宇宙
2009・バッハとヨーロッパ
2008・シューベルトとウィーン
その他

ヨーロッパ・ツアー
音楽関連ツアー全般
オペラ鑑賞ツアー
作曲家別・その他

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

音楽ナビ

ピアノのレベルチェック
まずは実力チェックから!

ピアノ コンシェルジェ
ご不明な点 ご案内いたします

趣味の音楽
音楽を趣味として長く楽しむ!

ピアノのしらべ
テーマごとのピアノの曲

音楽関連グッズ
音楽に関連した物を集めました

おすすめ音楽CD
聴いてみたい音楽CD

その他

広告

広告

スポンサード リンク

- 広告 -








サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.