トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ピアノのしらべ:マスネ作曲 タイスの瞑想曲

マスネ作曲 タイスの瞑想曲



(2009年8月第31号のメールマガジンの記事を元にしています)
今回の「ピアノのしらべ」では、タイスの瞑想曲(タイスのめいそうきょく)をご紹介します。

タイスの瞑想曲は、19世紀後半から20世紀初め頃に活躍をしたフランスの作曲家、ジュール・エミール・フレデリック・マスネが作曲したオペラ「タイス」の第2幕第1場と第2場の間の間奏曲です。

オペラ「タイス」の原作は、同時期に同じくフランスで小説家・批評家として活躍をし、後にノーベル文学賞を受賞した、アナトール・フランスの代表作『舞姫タイス』です。

マスネはオペラの作曲家として有名で、同時期の作曲家としてはドビュッシーが挙げられます。

はかない美しさを感じるこの曲は、オペラ以外にもヴァイオリンの独奏などでもよく演奏され、BGMとしても使われています。今回はピアノのアレンジでお聴きください。

マスネ作曲 タイスの瞑想曲  
(Windowsで聴く場合は左側の
WMP、MacやiPadなどは右側のMP3のアイコンをクリック)

難易度は、「エリーゼのために」より易しいレベルです。

スポンサード リンク


ピアノのしらべのトップページに戻る


目次
トップページに戻る
曲目一覧

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.