トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ピアノのしらべ

ウェーバー作曲「狩人の合唱」


(第108号のメールマガジンの記事を元にしています)

今回の「ピアノのしらべ」は、ウェーバー作曲の「狩人の合唱」をご紹介します。

カール・マリア・フォン・ウェーバーは、ドイツの作曲家で、指揮者やピアニストとしても活躍をしました。

ウェーバーは、モーツァルトの妻であるコンスタンツェとは従妹(いとこ)の関係で、モーツァルトによるドイツオペラの伝統を継承し、それをワーグナーへと繋げていきます。

指揮者としては、指揮棒を初めて使用したことでも有名です。

「ヨーロッパ音楽紀行」のコーナーでは、このウェーバーが初代音楽監督を務めたゼンパーオペラ(ドレスデン国立歌劇場)の写真を掲載しておりますので、ご覧ください。

ヨーロッパ音楽紀行・ドレスデン

ウェーバーというと、オペラ「魔弾の射手」や「舞踏への勧誘」が有名ですが、今回ご紹介する作品は、オペラ「魔弾の射手」の第3幕で登場する合唱曲です。

それでは、お聴きください。

ウェーバー作曲「狩人の合唱」  
(Windowsで聴く場合は左側の
WMP、MacやiPadなどは右側のMP3のアイコンをクリック)

難易度は、エリーゼのためによりも易しいです。

スポンサード リンク


ピアノのしらべのトップページに戻る


目次
トップページに戻る
曲目一覧

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.