トップページ 独学でピアノレッスン 後悔しないピアノ選び 子供のためのピアノ教育 お問い合わせ
ピアノのしらべ:「さくら さくら」

「さくら さくら」



(2010年3月第45号のメールマガジンの記事を元にしています)
今回の「ピアノのしらべ」では、今の時期にピッタリな、春を象徴する桜の曲「さくら さくら」をご紹介します。

「さくら さくら」は、1888年(明治21年)に発行された東京音楽学校の「筝曲集」に掲載された歌ですが、元々は幕末に子供用の箏の曲として作られたものです。 現在では、日本を象徴する代表的な曲として、国際的な場面でも使われています。

歌詞は2通りあり、冒頭の「さくら、さくら」は同じですが、その後に「やよいの空は」と続くものと、「野山も里も」と続く歌詞があります。 また、1番2番の歌詞として、両方とも歌われる事もあるようです。

色々な編曲がされていますが、特に宮城道雄の「さくら変奏曲」が有名で、お正月にデパートなどいろいろな施設で BGM として聴いた事がある方も多いかと思います。

また、JR駒込駅や武蔵小金井駅で、電車の発車合図の音楽としても、それぞれ異なったアレンジの「さくさ さくら」が使われています。

今回は、ピアノソロ用にアレンジして演奏しています。
それでは、お聴きください。

「さくら さくら」  
(Windowsで聴く場合は左側の
WMP、MacやiPadなどは右側のMP3のアイコンをクリック)

難易度は「エリーゼのために」より易しいです。

なお、昨年の今頃の時期に紹介しました チャイコフスキー作曲「花のワルツ」なども、是非ご覧ください。

チャイコフスキー作曲「花のワルツ」

「さくら変奏曲」でも有名な宮城道雄が作曲した「春の海」も、お正月の時期に紹介しています。

宮城道雄作曲「春の海」

スポンサード リンク


ピアノのしらべのトップページに戻る


目次
トップページに戻る
曲目一覧

サイト内検索
コン・ヴィヴァーチェのサイト内を検索できます。

広告

広告

サイトマップ


Copyright (c) 2007-2017, con Vivace. All rights reserved.